PR

【マットレス比較】咲夜ハイフィール VS エムリリー(MLILY) を7つの項目で徹底チェック!

マットレス比較

人気マットレスである「咲夜ハイフィール」と「 エムリリー」を7つの項目で比較してみました。
今回は、マットレスを購入する際に基本となる「1.本体価格」「2.保証」「3.サイズ」「4.素材」「5.硬さ」「6.厚さ・重量」「7.特徴」を徹底比較しています。両社の良いところ悪いところ包み隠さずお伝えしていきます。
これからどちらを買おうか迷っている方の参考になれば幸いです。

「咲夜ハイフィール」と「 エムリリー」を7つの項目で比較しました!

1.価格で比較 本体価格、配送料などの価格で比較してみました。
2.保証で比較 返金保証、耐久性保証などで比較してみました。
3.サイズで比較 サイズで比較してみました。
4.素材の種類で比較 素材の種類などで比較してみました。
5.硬さで比較 硬さで比較してみました。
6.厚さ・重量で比較 厚さ・重量で比較してみました。
7.特徴で比較 マットレスの特徴で比較してみました。

上記の7つの項目で、咲夜ハイフィールとエムリリーを比較してみました。

1.「咲夜ハイフィール」と「エムリリー」を価格で比較!

※税込み価格 咲夜ハイフィール エムリリー

(厚さ11㎝)

本体価格 39,900円~ 35,980円~
配送料 送料無料(北海道、沖縄、各県離島、山間部等の中継エリアの場合は、別途送料が必要) 全国一律 0円 ※沖縄、一部離島を除く

※沖縄・一部離島送料:5000円~(大型商品

※期間限定で割引価格が設定されていることがありますので、公式サイトもチェックしてみてくださいね。

2.「咲夜ハイフィール」と「 エムリリー」を保証で比較!

  咲夜ハイフィール エムリリー
返金保証 なし なし
耐久性保証 3年間

(公式サイトでのご購入限定)

3年間

3.「咲夜ハイフィール」と「 エムリリー」をサイズで比較

  咲夜ハイフィール エムリリー

(厚さ11㎝)

サイズ シングル :97×195×12cm

セミダブル:120×195×12cm

ダブル  :140×195×12cm

 

セミシングル:80×195×11cm

シングル :97×195×11cm

セミダブル:120×195×11cm

ダブル  :140×195×11cm

4.「咲夜ハイフィール」と「 エムリリー」を素材の種類で比較

  咲夜ハイフィール エムリリー
素材の種類 ウレタンフォーム ウレタンフォーム

5.「咲夜ハイフィール」と「 エムリリー」を硬さで比較!

  咲夜ハイフィール エムリリー
硬さ ちょうどよい中間的な硬さをイメージ

トップ層:110N

ミドル層:230N

ボトム層:190N

独自の二層構造

上層部:柔すぎず適度な反発力(優反発)

下層部:高反発オープンセルフォーム

密度 トップ層:48D

咲夜ハイフィールは驚異の高弾性率60%の高反発マットレスなので寝姿勢が整いやすいです。さらにトップ層は48Dで超高密度の為、もっちりとした感触もありリッチな寝心地につながります。耐久性も高いですね。

エムリリーマットレスは独自の2層構造(優反発+高反発)により人がまっすぐ立っている状態に近い「理想的な寝姿勢」を実現し、腰の負担を軽減しています。

6.「咲夜ハイフィール」と「 エムリリー」を厚さ・重量で比較!

  咲夜ハイフィール エムリリー

(11㎝)

厚さ 12㎝ 11㎝
重量 シングル :6.5㎏

セミダブル:8㎏

ダブル  :9.5㎏

セミシングル :約7..2kg

シングル   :約8kg

セミダブル  :約11㎏

ダブル    :約13㎏

7.「咲夜ハイフィール」と「エムリリー」を特徴で比較!

  咲夜ハイフィール エムリリー
特徴 ・薄型なのに弾力と硬さが異なる3層構造でちょうどよい中間的な硬さ

・反発弾性率60%の高反発ウレタンを使用

・1層目の密度が48Dと超高密度なので耐久性が非常に高い

・軽くて捨てやすい、ロフトベッドや2段ベッドで使いやすい

・防ダニ・抗菌防臭(詰め物にマイティトップⅡ使用)

・優れた通気性

・復元率98.6%

・日本製

・アメリカやヨーロッパ、アジアを中心に世界72か国で愛用され、MLILYシリーズは累計1200万枚を突破


・上層部に新素材「優反発」、下層部に高反発オープンセルフォーム使用により、優れたサポート力と優れた通気性を実現

・復元率99.5%

・厚みが選べる
(5㎝:今の敷具に重ねて使用するトッパータイプ、
8㎝:三つ折り・敷き布団タイプ、
11㎝:マットレスタイプ)

・国際的な安全規格(エコテックス、サーティピュア)に準拠している

「咲夜ハイフィール」をおすすめの方はこんな人!

  • 硬めのマットレスを好む人
  • 薄型の軽いマットレスを探しており、ロフトや2段ベッドに使いたい人
  • 折りたたみ機能がなくても構わない人
  • 腰痛対策に使用したい人
  • 眠りが浅い人や寝つきが悪い人
  • 返金保証がなくても構わない人

 

「 エムリリー」をおすすめの方はこんな人!

  • 朝起きた時に首や腰に違和感がる人
  • 夜中に何度も起きてしまう人
  • 2万円~6万円の価格帯で商品を探している人
  • 低反発でも高反発でもなく、中間あたりの寝心地を体験したい人
  • 少し小さめ(セミシングル)のマットレスが欲しい人
  • 返品保証がなくても構わない人

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は人気のマットレス「咲夜ハイフィール」と「エムリリー」の違いを7つご紹介してきました。

本記事があなたのマットレス選びの参考になれば幸いです。
人生の3分の1を占めている睡眠の質を上げることで健康を守り、さらにはあなた本来のパフォーマンスを発揮できることを心より願っております!

コメント

タイトルとURLをコピーしました